ネンを引く。

2021.08.28

今日は名刺入れの製作。
このアイテムはヘリ返し箇所が多く、ヘリ返した部分へのネンを引く作業がたくさんあります。

*ネン=専用の焼きゴテを革の断面に沿わせていくことで、革の端部分に筋を入れていく作業。

見た目をシャープに見せるための飾りという意味もありますが、ヘリ返し後のネン入れには、熱を加えて圧着することで、返した部分が剥がれることを防ぐ意味があります。

この仕事をはじめた頃は、この作業が苦手で、何度も何度も失敗したものです…
力加減が難しく、力を入れすぎたり、ゆっくり動かしすぎると焦げてしまい、力を抜きすぎるとうまく色が入りません。

またネン入れだけが上手くなっても、パーツの漉きや、ヘリ返しそのものが少しでも曲がっていると、ネンも必ず曲がるので、キレイなネンをひくためにはその前段階がとても大切です。

この名刺入れは直線パーツが多く、ネンがデザイン的にも重要なので特に気合いを入れて作業を進めていきます。

#tsukikusa #月草 #ツキクサ #革製品 #革小物 #革財布 #名刺入れ #革名刺入れ #cardcase #ミニマリスト #経年変化 #エイジング #暮らしの道具 #シンプルライフ #革好き #高槻